So-net無料ブログ作成
検索選択

バッテリー上がり [BIKE(kawasaki ZX-6R)]

2015-08-08 06.42.24_R.jpg

<↑ステータ、ジェネレータ、ダイナモいろいろ呼び方はありますが、レッツ4のそれ。>

うちの原付ですが、今年の2月くらいから、2回バッテリーを交換していて、

そのバッテリーも上がった為・・・

2015-08-08 05.12.06_R.jpg

これは、もうバッテリーの問題ではないだろうと。

何らかの、原因でバッテリーに充電されないのだろうと推測しました。

ネットでは、ステータ(発電機のような物)か、レギュレーター(その電気を整流して、バッテリーに送る物)が悪いのではないかと、書いてありました。

ディーゼルエンジンを少しさわったことがあったので、 自分で直せるだろうと作業を始めましたが、素人にはそこそこ大変でした。

<見立て>

・まず、テスターで停止時のバッテリーの電圧を測りました。

結果→10V・・・全然ダメじゃん。よく分からんけど、バッテリーの横には12.7Vだかなんだか書いてあったので、それ定格でしょ???それよか低いって、やっぱり充電してねぇ。

・次にエンジンかけてバッテリーの電圧を測りました。

結果→12Vジャスト!ダメじゃない?定格以下で充電は出来ないよね・・・。

・次にレギュレータの1次側で電圧を測りました。

結果→いろいろ分からないことが有り、私の見立てが合ってるかどうか、分かりませんが、レギュレータ(レクチファイア)は交流を直流にするらしい。あと、高い電圧をカットする役割もあるのだとか。そもそも単相(2本線)のステータが交流になるのかなど、分からないことが満載ですが・・・

結果→10V。交流10Vで、直流は12V出てる?意味分からん。

ただ、結果だけ見て、私が思うに、レギュレータ変圧器ではないはずだから、10Vってステータが悪い?

そもそもの電圧が低い?

ネットで中古を探すと、

ステータ ¥1,500

レギュレータ ¥500

原因がはっきりとせず、ちょっと気持ち悪いですが、両方代えますか。

<作業>

・とにかくシート、外装をバッラバラに、結構めんどくさい。

あと、マフラーを外して、サスペンションの上の固定ネジを外しました。

パンタグラフをかけてジャッキアップすると、サスペンションがなくフリーなので、ようやく、ファンカバーが外れました。(私のやり方が正しいか分かりませんが・・・)

2015-08-08 05.21.52_R.jpg

マフラーが邪魔をしているので外します。 

2015-08-08 04.37.51_R.jpg

ファンカバーようやく外れました。

なんか、もうちょっと簡単に外れないんですかね。

2015-08-07 21.01.57_R.jpg

 ステータコイルカバー

私はずん切りボルトをさして、引き抜きました。

ずん切りボルトの先に、L鋼を取付ハンマーで叩いて引き抜きました。

後から気づきましたが、内部のシャフトはテーパーになっていたので、手で簡単に抜けたかもしれませんね。どちらかというと磁力でくっついている雰囲気でした。

あと、固定ナットですが、外すとき供回りしましたが、キックを引っかけると、うまく外せました。

写真のようにずん切り立てれば、そこを固定しといて、緩められたかも。

正規の手順ではどうしているんでしょうね。 とにかく交換しました。

青いのは、ピックアップセンサーですよね。

燃料噴射のタイミングを見てるとか何とか。

2015-08-07 23.19.58_R.jpg

 念の為、レギュレーターも交換しました。

交換を終え、いざ運転。

バッテリーで電圧を測ると、

10.7Vダメじゃん。がっくし・・・!?

10.8

10.9

なんか、少しずつ上がってない?

取りあえず、外装もそこそこに、テスターを持って近所のコンビニまで。

1km程走ると、

FIランプが、早く3回だったか4回だったか点滅(バッテリー異常)していたのが消えました。

おおお!?これは来たんじゃないの?

コンビニで電圧を測ると、13.4V!!!(ネットによるとそのくらいかかるらしい。)

来たー。なんか直ったみたいです。起動時負荷が大きくて、電圧降下していただけでした。

今後の為に、メンテ記録じゃないけど、残して置こうと思います。

疲れたーでもよかった。


nice!(10)  コメント(0) 

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。